2010/12/31

a Happy New Year 2011



a Happy New Year!

新年あけましておめでとうございます。
卯年のみなさん、今年は素晴らしい年になりますように。

*上記のうさぎ岩は、岐阜県瑞浪市陶町にあります。
 12年に一度のみのお披露目になります。
 

2011.1.1 渡邉勝則 


2010/12/24

すごい!http://sour-mirror.jp/


感動です。
facebookのお友達です。


映画「ソーシャル・ネットワーク」


*リアルタイムに!作品紹介の横に渡邉のtwitterが!

2010年クリスマスイヴ、
twitterの衝撃。

twitterで“140文字の余韻”を残す。
ここまできたのか!そうとう頭を柔らかくしておかないと
次世代を生き抜く事は難しいかもしれない。
グラフィックデザイナーも同様に。

Katsunori WATANABE

Merry Christmas!



Merry Christmas!

All of you! Merry Christmas.
Is it White Christmas in the night of today?
It please be a happy day.

Katsunori WATANABE

2010/12/18

カフェ「灯屋」クリスマスヴァージョン!





お洒落でセンスのあるカフェ
「灯屋」クリスマスヴァージョン。

前回灯屋に行ったときは、ハローウィンで埋め尽くされていた。
今回は、X'mas一色であった。
飾り付けのセンス。クラッシックな色のトーンとオブジェが、
クリスマスを演出していた。


今日のコーヒーは「灯屋」オリジナルブレンド。
ケーキセットは「紅玉とキャラメルナッツのトライフル」。
ものすごいボリュームであった。
クリスマスの演出もお洒落である。


お洒落なコーヒーカップ&ソーサーは、
TIFFANY & Co.のアンティーク。
フランク・ロイド・ライト監修の作品らしい。
本当にお洒落である。


次はバレンタインデーに行ってみようかと思う。
楽しみである。

2011年 年賀状撮影!



*世界一のこま犬(本当にでかい!)

登山前に、こんなどでかいこま犬が守ってくれました。


うさぎ岩を撮影に山ボーイに行ってきた。
道無き道。12年に1年だけ登山ができるようにされている
非常に神秘的な所である。

登山中、うさぎ岩の標識はあるが、
かなりやばい所にある。
約30分/1kmほどの登山である。
人が歩いた面影はあるが、12年に1年だけの場所だけに
かなりパワースポットを感じる。

目の前に現れる前の数百メートル!
45度の斜面と馬の背の獣道。
それをすぎた所に突如現れた「うさぎ岩」。
信じられない大きさ。人が立っているところを
一緒に撮影をしたいと思うほど、ど・で・か・い!!
こんな場所でよくころがり落ちずに止まっているものだ。
絶景である。
2011年、卯年。ぜひ一度は訪れてください。
その時は、くれぐれも山ボーイ・山ガールのスタイルで
登山してくださいね。本当にやばいです。

写真はあえてハイライトだけにしています。
年賀状を楽しみに!!

*ちなみにすでに筋肉痛!


*上)最初の入り口!まったく道が無い。
ただ登るだけの登山口!登り終えるとそれだけでバテバテ。

*下)二つ目の入り口!ここからが本当に大変である。


*馬の背。ここだけ見ると楽?
いやー、甘い!本当に45度だらけの獣道である。


*約1km、登山時間約30分。
登りきった所に現れた「うさぎ岩」。
今回は、ハイライトのみでゆるしてください。
年賀状でお披露目します。

今日は、よく眠れます。

2010/12/15

渡邉勝則のデザイン日記8 自画像展





クリエーターの自画像展
2010.12.14(tue)-19(sun)
セントラル・アートギャラリー

自画像展のオープニングパーティが本日14日に行われた。
参加人数は100人を超える大規模なパーティとなった。
岡本滋夫先生をはじめ、多くのクリエーターの参加で、
大変素晴らしい作品展となった。

もちろん、渡邉勝則の作品も展示している。
ぜひ、私の自画像を観て頂きたい。

2010/12/14

中経企業年鑑の新聞広告




12月1日、中部経済新聞
中経企業年鑑の新聞広告が掲載された。

ちょっと恥ずかしいぐらいに強烈なコピーであった。

2010/12/10

渡邉勝則のデザイン日記7 とんでもない版画集




東邦学園短期大学創立10周年記念
福田繁雄・岡本滋夫・村瀬省三・石田 隆・西尾 健
版画集

とんでもない版画集を手に入れた。
古本屋でデザイン誌を探していた所、
約35年ほど前の懐かしく、また、素晴らしい名前が連なった書籍を見つけた。

日本のグラフィックデザイン界を引っ張って来て頂いた福田繁雄先生。
名古屋だけでなく、日本を代表とするグラフィックデザイナー岡本滋夫先生。
手で見る絵本・手で見る世界の代表作 村瀬省三先生。
石田隆先生、西尾健先生の版画集だ。
なんと全員のサイン入りときている。
岡本滋夫先生、村瀬省三先生、石田隆先生は、私の恩師であり、
目標とする先生方である。

版画集、すばらしく状態がいい、よく古本屋にあったものだ。
また、どれだけの部数が発行されたのか先生に聞いてみたいと思う。

近いうちに額に入れ、事務所に飾りたいと思っている。

2010/12/09

渡邉勝則のデザイン日記6 クリエーターの自画像展



クリエーターの自画像展
2010.12.14(tue)-19(sun)/11:00-19:00
セントラル・アートギャラリー
●オープニングパーティ/2010.12.14(tue)18:30-

岡本滋夫先生をはじめ103名のクリエーターが参加した自画像展。
もちろん、渡邉勝則も参加しております。

2010/12/06

HILTON X'mas Train by EXCLUSIVE & SALON






HILTON CHRISTMAS TRAIN
2010.11.14(sun)-2011.1 center
Hilton Nagoya 1F Lobby

美しい冬景色の繊細なジオラマの街並みを、
カラフルな貨車が駆け巡る「ヒルトン・クリスマス・トレイン」
今年も盛大に出発進行!
EXCLUSIVE & SALON号も今年は黒から赤に変更して、
駆け巡ります。どうぞ、見つけてください。

2010/12/03

何?ハリウッド版GOZZIRA?



朝一、不思議な生き物とご対面。

トカゲ?いや、背中に不思議な模様....。
これは、ヤモリである。

トカゲの仲間でなく、ヤモリ科という独立した動物らしい。
うーん。朝一はキツい。
ただ、直径5cm(しっぽを含んで)ほどの小さなヤモリ。
何とも言えないですね。(笑)
子供のころは、神社とかで見た覚えがありますが、
実家にいるとはね.......?

ちなみに「ヤモリの住む家には、悪い事が起きない。」と.....。
言われております。